不倫報道のラッパー・Zeebra 謝罪文で韻を踏めなかった理由

2020年08月25日 17時01分

謝罪したZeebra

 ヒップホップMCのZeebra(49=ジブラ)が25日発売の写真誌「FLASH」の不倫報道を受け、自身のツイッターを更新した。

 
「お詫び」と題して「この度は自分の軽率な行動により、関係者の皆さまにご迷惑、ご心配をお掛けしてしまった事、心からお詫び申し上げます。そして何よりも、自分の不甲斐ない行いにより大切な家族を傷つけてしまった事を、深く反省しております」とコメント。

 続けて「今後は家族ひとりひとりに対し真摯に向き合い、二度と悲しませる事のない様努めて参ります。本当に申し訳ありませんでした」と謝罪した。

 真摯な謝罪文であるが、レジェンドラッパーとしては物足りなさも。ネット上では「まともかよ」「ラッパーらしく韻を踏んで欲しかった」という声も上がっているが…。

 芸能関係者は「Zeebraは恐妻家で知られており、4年前には妻の中林美和からツイッターで『家事・育児を手伝わない』などと糾弾された過去があります。また次女のリマはアイドルグループ『NiziU』のメンバーに選ばれ、今が一番大事な時期。ここでラップ調の謝罪文なんて出したらとんでもない数の批判が届きかねないため〝普通バーション〟になったのでしょう」と話す。

 加えて、Zeebraはレギュラー番組「フリースタイルティーチャー」(テレビ朝日系)のMCや、渋谷区観光協会の観光大使を務めているだけに、下手な動きはできなかったようだ。