岡江久美子さん「お別れの会」無念の取りやめ 来年開催へ有志の会結成も

2020年08月25日 06時15分

岡江久美子さん

 新型コロナウイルスによる肺炎のため、4月23日に亡くなったタレント・岡江久美子さん(享年63)のお別れの会が、取りやめになったことが分かった。24日配信の女性自身電子版で、岡江さんの所属事務所代表が明かした。

 代表によれば、岡江さんの誕生日で月命日でもある8月23日に、お別れの会を計画していたが、新型コロナの感染が再拡大したため頓挫したという。それでも代表は「まだあきらめていない」と力強く語り「来年の一周忌にはできたらいいなと今は思っています」と説明。夫で俳優の大和田獏(69)も、一周忌のタイミングで、お別れの会を開きたい意向を持っているという。

 最愛の妻を突然失った獏の悲しみは、いまだに癒えていない。一人娘で女優の大和田美帆(37)も同様だ。

 美帆の誕生日は今月22日。つまり、母の誕生日の前日だ。17日のインスタグラムには「誕生日が近づくたび 心のアップダウンが激しくー 大好きな8月が辛いー」などと整理できない胸中を吐露している。

 大和田一家の苦しみを周囲も痛いほど分かっている。そのため、一家がお別れの会を開催する意向があれば尽力するつもりだという。知人は「獏さんや家族、事務所の気持ちが何よりも最優先」と断りつつも「獏さんたちがお別れの会をやりたいとなれば、我々も全力でサポートしようと話し合っているんです」と話す。
 周囲は、獏らが主催するお別れの会を支えるために、〝有志の会〟を立ち上げる用意もあるという。そこまで力を注ぐのも、岡江さんが慕われていたからこそだ。

「人望が非常に厚い方でした。番組の共演者やスタッフとは生前、ずっと交流が続いていたんです」(前出の知人)

 ぜひとも家族が望む形で実現してほしいものだ。