猫ひろし&中村ピアノのコラボ体操ソングMV「ネコネコニャーゴ」に中毒者続出

2020年08月24日 21時24分

猫ひろしと中村ピアノ

 五輪マラソンのカンボジア代表経験もあるお笑い芸人・猫ひろし(43)とピアノ弾き語りシンガー・中村ピアノ(年齢非公表)が先月、「猫ピアノ」名義でリリースした新曲「ネコネコニャーゴ~猫ひろし第1体操~」のミュージックビデオ(MV)がユーチューブで配信された。公開数日で閲覧数2万(24日現在7万)を突破し、つい何度も見てしまう“中毒者”も出るなど大人気だ。

 超人気振付師・ラッキィ池田(60)が担当した体操ソングは、子供から大人まで気軽に体を動かせるもの。マラソン前の準備体操でオファーしたという猫は「動かすべきところをキチンと動かすし、しかも覚えやすい!」と絶賛。中村も「まんべんなく全身を動かせる体操で、ちょっと体がこっているなというときにも、3分間踊ると楽しく体がほぐれます」。

「なぜか今年は絶好調だった」という猫は、ハーフマラソンと5キロ走で自己ベストタイムを叩き出したという。「(2月の)東京マラソンで自己ベストを出して東京五輪のカンボジア代表選考へアピールしようと思っていた」(猫)。その矢先、コロナ禍で出場することが不可能に。「母国にも帰れず、本来なら6月にあるレースもなくなっちゃって…今は迷い猫です」という猫だが、カンボジア代表選出へトレーニングは欠かさず続けているという。

「コロナ後には、マラソン大会の準備体操で『ネコネコニャーゴ』をやりたい」と猫が意気込めば、中村も「運動会や学園祭なども、呼ばれれば全国どこへでも営業行きます!」と、どこまでも前向きだ。

【猫ピアノ】皆で踊ろう!ネコネコニャーゴ~猫ひろし第1体操~(振付―ラッキィ池田)
https://www.youtube.com/watch?v=yz6W0WLt70A