土屋太鳳 笑顔で募金ラン完走「いいもの見せてもらった」と称賛の声

2020年08月23日 21時31分

土屋太鳳

 日本テレビ系チャリティー番組「24時間テレビ43 愛は地球を救う」の募金ランに挑戦したシドニー五輪金メダリスト高橋尚子さん(48)と「チームQ」が23日、完走を果たし、走破距離236キロ、募金総額が470万円となった。

「募金ラン」は恒例のチャリティーマラソンが中止になった代替企画で、高橋さんが発起人。今回は新型コロナウイルスの影響により、私有地で無観客のなか実施された。この企画に参加したのは高橋さん、ならびにリレー形式で走り続ける「チームQ」の面々。レスリング五輪3連覇の吉田沙保里さん(37)、バドミントンのバルセロナ五輪代表の陣内貴美子さん(56)、ロンドン五輪柔道女子金メダリスト松本薫さん(32)、アテネ五輪金メダリスト・野口みずきさん(42)、女優の土屋太鳳(25)だ。

 1周5キロのコースを周回するたびに、10万円を寄付するという方式。「チームQ」計5人で120キロを走破し、募金額は240万円となった。最後は、高橋さんのもとに「チームQ」が集合し、全員で走りながらフィニッシュとなった。高橋さんは116キロを走破し、230万円を寄付する。

 超一流アスリートの中で〝テレビ的〟に存在感を発揮したのは土屋だ。22、23日、そしてチームQ全員でのフィニッシュまで約31キロを走破。笑顔を絶やさず走る姿に、ネット上では「感激した」「前向きな気持ちになった」と絶賛する声や「土屋の乳揺れが神々しすぎた」「いいもの見せてもらった」との声もあった。