バイク川崎バイク 吉本から〝飛沫芸人〟指定 ブンブン禁止も…ショートショートで文才開花?

2020年08月21日 16時55分

〝ブン壇デビュー〟を飾るバイク川崎バイク

 お笑い芸人のバイク川崎バイク(以下、BKB=40)が21日、オンラインで作家デビュー小説「BKBショートショート小説集 電話をしてるふり」の発売記念イベントを開いた。

 BKBは、略したらBKBになるネタで人気を得ていたが、かねて細々と文章を書いていたという。

 新型コロナウイルス感染拡大による今春の緊急事態宣言期間中には、作品配信サイト「note」で連日、ショートショート(超短編小説)を発表。すると、これが好評で自身初の書籍化にこぎつけた。恋愛、ミステリー、コメディーなど計50作品を収録。帯の推薦文は「1回だけご飯に行った」という作家・吉本ばななに書いてもらった。

〝芸人作家〟では「ピース」又吉直樹が売れっ子だが「憧れるけど、又吉さんみたいになりたいというのはおこがましい」と控えめ。今後の作品は「ショートショートを極めたい感はある。中編、長編は書いたことがない。自信はない」とあくまでショートショート作家でいくという。ちなみに、流行中のユーチューバー挑戦には「おもしろ動画は自信がなかった」と頭をかいた。

 また、新型コロナは本業で影響があったという。「(所属の)吉本から『あなたは〝飛沫芸人〟なので、ブンブンとあおる行為はナシでお願いします』と言われた」と告白。ネタを自重するよう求められたと苦笑いしながら明かした。

 イベントの司会は「しずる」村上純(39)が務めた。