作家・白鳥士郎氏が藤井棋聖の〝同飛車大学〟に「フィクションを超えてる」

2020年08月20日 13時13分

藤井棋聖

 プロ将棋棋士が主人公の人気ライトノベル「りゅうおうのおしごと!」で知られる作家・白鳥士郎氏(39)が20日、ツイッターで「同飛車大学」がトレンド入りしたことに驚きを見せた。

 これは藤井聡太棋聖(18)が木村一基王位(47)に挑戦している王位戦第4局2日目に出た衝撃の封じ手を表したもの。藤井棋聖が飛車取りを逃げずに同飛車とブッタ切った過激な封じ手が出た直後、中継にゲスト出演していた豊川孝弘七段(53)の得意のオヤジギャグ「同飛車大学」の投稿が殺到。これは関西の有名大学・同志社大学に引っ掛けて「同飛車大学」としたもの。これがツイッターのトレンド上位にランキング入りしたのだ。

 白鳥氏は自身のツイッターで「日本のトレンドに『同飛車大学』が入る日が来るなんて、藤井棋聖の存在よりフィクションを超えてる笑」とつぶやき、感嘆した。

 豊川七段の有名な将棋オヤジギャグには「両取りヘップバーン(オードリー・ヘップバーン)」などがある。