渡哲也さんは甘党だった スペシャルチーズケーキがお気に入り 亡くなる2週間前にも…

2020年08月15日 18時59分

甘党だった渡さん(1997年のブルーリボン賞授賞会見で)

 肺炎で10日に亡くなっていたことがわかった俳優の渡哲也さん(78)の都内の自宅には、この日も多くの報道陣が集まった。

 近隣住民の女性は「直接お話したことはないが、ここに渡さんが住まわれていることは有名。とても残念で悲しい」と涙。商店街の一角にある洋菓子屋「フラマリオン」の店主は渡さんが〝大の甘党〟であったと回想する。

「渡さんは15年以上前からお店に来てくれた。このところは体調のこともあってか、奥様がうちのお菓子を買いにきてくれる。最後に来たのは2週間前くらい。いつもスペシャルレアチーズケーキを何個か買っていくので、家に帰って渡さんと食べていたのだと思う。亡くなったと聞いて本当に悲しいです」

 続いて和菓子屋「風月堂」の店主の証言。

「10年以上前、渡さんはうちにあんこのお菓子を買いに来てくれた。最近ではもう見かけなくなったけど、1度奥様と2人でお店に来てくれたことがあった。テレビで見るよりもスラっとしていて見惚れてしまった」と振り返った。

 石原軍団の差し入れとして有名なのが「十勝おはぎ」。これも甘党の渡さんに起因しているのかもしれない。