ヘンリー英王子&メーガン妃の新居は15億円超 海外メディアは「慎ましいとはいえない」豪華ぶり報道 

2020年08月14日 15時50分

ヘンリー王子(左)とメーガン妃(ロイター)

 米国・カリフォルニア州の高級住宅地サンタバーバラに新居をひそかに購入し、先月移り住んだと伝えられたヘンリー英王子(35)&メーガン妃(39)について、夫妻の広報担当者は報道を事実として認めたことが14日分かった。

 米CNNによると、広報担当者は「お二人は転居して以来、プライバシーが守られた静かな環境の中で暮らしています。地域住民や家族としての夫妻の生活がこのまま保たれることを願っています」とするコメントを同局に送った。

 豪テレビ局ナイン・ネットワークの朝の情報番組「トゥデー」は同日の放送で、夫妻が購入したのは「あまり慎ましいとはいえないマイホーム」と表現。その豪華な設備について、不動産業者から入手した写真を交えて詳しく伝えた。

 番組によると、邸宅には9つの寝室と16のバスルームがついて、購入価格は1460万㌦(約15億6000万円)。庭の「プールはまるでホテルのそれ」で、敷地内には長男のアーチ―ちゃん(1)がもう少し成長すると遊ぶことができる複合滑り台やジャングルジム、うんていが備わった〝児童公園〟もある。

 英紙テレグラフもまた同物件について、ホームシアターや図書室、地下ワインセラー、ビリヤードの遊戯室、トレーニングジムなどが完備し、敷地内にはテニスコートもあると伝えた。

 サンタバーバラはロサンゼルスの北西約120㌔にある、海に面した最高級の住宅地とされる。多くのトップセレブが住むことで知られ、スティーブン・スピルバーグ監督や米俳優トム・クルーズ、同女優ジェニファー・ロペス、米人気司会者オプラ・ウィンフリーや同エレン・デジェネレスらも同地に居を構える。