独立説くすぶる“稼ぎ頭”藤田ニコル オスカー残留のキーマンは…

2020年08月12日 15時30分

藤田ニコル

 上戸彩(34)、武井咲(26)が在籍する〝美の総合商社〟「オスカープロモーション」に激震が走っている。

 昨年から今年にかけて米倉涼子(45)、岡田結実(20)、ヨンア(34)、長谷川潤(34)ら女優・モデルの退社が相次いでいるのだ。

 今月末にはタレントの堀田茜(27)が事務所を離れ、1990年の「国民的美少女コンテスト」でグランプリを獲得した女優の小田茜(41)も今年4月に契約満了で退社していたことが判明した。

 もっかの関心事は〝稼ぎ頭〟の人気モデル・藤田ニコル(22)の去就だ。一部週刊誌ではギャラの取り分をめぐって藤田の実母と事務所側が対立していると報じられた。
 
「7:3だった藤田とオスカーの取り分を変えようとしたことに彼女の母親が激怒したと言われています。母親は改善されなければ独立も辞さない覚悟のようです」とはワイドショー関係者。

 藤田の稼ぎは2億円超。まさかの事態となれば、事務所にとっては大きな痛手となる。

 だが、鼻息荒い母親とは対照的に藤田本人はオスカーに対して育ててもらった恩義がある。

「信頼する女性スタッフがいるそうで、その人がいるうちはそう簡単には辞めないだろうと見られています。実際、揉めているのは藤田さんではありませんからね」(芸能プロ関係者)

 藤田は「週刊新潮」の取材に、母親と事務所が契約内容をめぐり話し合っていることを認めた上で「そんなに大げさな話じゃないんですよ」とコメント。独立説については「全然、全然! そんなことないです」と否定した。

 平穏が訪れるのはいつになるか――。