熱愛発覚のこじるりに唯一ブッコんだ矢作兼「やらしい女だな。いい子だけどしたたか」  

2020年08月15日 11時00分

こじるりと矢作

【現役放送作家X氏の芸能界マル秘ウラ話】人気マンガ「キングダム」の作者・原泰久氏との交際を報じられたタレントの小島瑠璃子が先日、交際を認めた。

 2015年に小島は「アメトーーク!」(テレビ朝日系)のキングダム芸人で熱く作品を語ったり、昨年放送の「世界ふしぎ発見!」(TBS系)で作者と対談していたかと思えば、実は付き合っていたのだ。

 事務所の先輩で、ラジオ番組で共演する、さまぁ~ずの三村マサカズが「尊敬からの好きに変わってったパターンだね。俺も会ったことあったじゃん。飲みにも行ったし。本当に普通の、飾らないオジさんっていうか」と言うと、小島も「そうですね、人格者ですね、すてきですね」とのろけた。

 爆笑問題の田中裕二はこう振り返る。「こじるりって漫画をめちゃめちゃ読むの。で、中でもやっぱり『キングダム』っていうのは、とにかく面白いから読めって言うの。ずいぶん前に散々言われた。けど、『何巻まで出てんの?』って言ったら、相当出てるでしょ。当時ももう何十巻(現在58巻)と出てるから、ちょっと俺は」

 一方、相方の太田光は「あ、知ってんのかね。こじるりに聞けば、漫画がこの先どうなんのか教えてくれんのかね? たまには『この線描いてみる?』なんつってさ。絶対やってるよ」とふざける。

 おぎやはぎの矢作兼は「やらしい女だな。『キングダム』好きで、もう今、原さんつったらスゴい人じゃない。そこを落とすって、やらしいよね。スゴいよね。いい子だけど、したたかっていう部分もあるからね。これはなかなか大物ですよね。結婚しないわけがないよね」と盛り上げる。

 ちなみに小島は、週刊誌に原氏とのデートの写真を撮られた際、なぜかバナナマンのお笑いライブTシャツを着ていた。

 バナナマン・日村勇紀は「もろデート。これだから一軍の服ですよ。そう、デート用の服なんだから。スゴいことだよ。だから、彼氏さんも『今日、バナナマン、着てんだね?』っていう、そういう会話絶対あると思うよね。『何のTシャツ?』って話に絶対なると思うんだよね」と大はしゃぎ。

 相方の設楽統も「だって福岡かなんかでしょ。で、わざわざ行く時に『この服着てこう』って持ってったってことでしょ。スゴくない? ライブTを」と喜んだ。

 今回の件でSNSで誹謗中傷を受けた小島は「ただの想像で、ひとの人格や生き方まで非難するのは本当にもう終わりにして欲しいです。とても悲しいです」とツイートしている。

 いわれもない批判をはね飛ばしてくれることを祈るばかりだ。

☆現役放送作家X氏 1967年、東京・神楽坂生まれ。23歳でラジオ番組で放送作家デビュー。PTAから苦情が絶えない某人気バラエティー番組やドラマの脚本を手掛ける。