「アクタージュ」漫画原作者わいせつ容疑逮捕で舞台とヒロインオーディション中止

2020年08月11日 23時26分

週刊少年ジャンプで人気だった「アクタージュ」

 漫画「アクタージュ」の原作者・松木達哉容疑者(29)が8日に強制わいせつ容疑で逮捕されたことを受け、同作を題材とした舞台の中止が公式サイトで発表された。

 11日、ホリプロとホリプロインターナショナルは「(漫画の)原作担当であるマツキタツヤ氏が逮捕されたことを重く受け止め、関係各所とも協議した結果、2022年に開催を予定しておりました舞台『「アクタージュ act―age~銀河鉄道の夜』の上演、ならびに現在進行中のヒロイン『夜凪景』役オーディション、双方の中止を決定致しました」と報告。「弊社としても舞台化ならびに本オーディションがこのような形で終えてしまう事は残念でなりません」「応募者の皆様、そして2022年の舞台を楽しみにされていた皆様には心苦しいばかりではございますが、ご理解を賜ります様、何卒宜しくお願い申し上げます」と理解を求めた。

 なお「アクタージュ」を連載していた週刊少年ジャンプ(集英社)は11日発売の36・37合併号で打ち切ると発表した。