草なぎ剛が21年大河ドラマで徳川慶喜役 ギター抱え心境「よしのぶさ~ん、どういう人?」

2020年08月11日 12時43分

草なぎ剛

 俳優・草なぎ剛(46)が自身のユーチューブチャンネル「ユーチューバー 草彅チャンネル」で2021年NHK大河ドラマ「青天を衝け」出演について、心境を明かしている。

 草なぎは同ドラマで徳川幕府最後の将軍・慶喜を演じる。

 ギターを抱えて、動画に登場した草なぎは「よしのぶさ~ん、どういう人? よしのぶさ~ん、どういう人?」と現在の気持ちを歌うと「私、大河ドラマに出演することになりました。頑張ります!」と意気込んだ。

 続けて「徳川慶喜を演じます。時代劇とかやったことはなくはないんですけど、すごく緊張してます。キャストのみなさんも多いですし、大河ドラマですからね。壮大です。普通のドラマは3か月ですが、1年間とずっと、ひとつの役を演じるということなんて初めての経験なんで、やっぱり集中力もいると思いますしね」と告白。

 現在は乗馬の練習中だそうで「馬の練習とかしていたり、やることいっぱいあるんでね。慶喜は29歳で15代将軍になるんだって。なんかひとごとですね」。最後は「皆さんの力を借りて頑張っていきたいと思います。ぜひとも楽しみにしていてください」と誓った。