千眼美子がユニット結成 新曲「バナナ」で世界を明るく!

2020年08月06日 22時58分

新曲「バナナ」をリリースする千眼美子(後列左)とリトル・アンツ

 宗教家の千眼美子(25)が子供たち5人とユニット「千眼美子 with リトル・アンツ」を結成し、9月8日に楽曲「バナナ」をリリースすることが明らかになった。

 同曲には「傷つき落ち込んだ人がいれば寄り添い、手を差し伸べよう」、と他人を思いやる心を大切に、そして「暗い気持ちはみんなで吹き飛ばそう」というポジティブなメッセージが込められている。また本楽曲が、短編映像を中心に脚本や音楽など様々なジャンルから毎月優秀な作品を表彰するオンライン映画祭「トップショーツフィルムフェスティバル」で7月期の名誉楽曲賞を受賞したという。

 千眼は「バナナブームを予感させてくれる吉報!! ありがとうございます!! 元気いっぱい! 個性爆発! なリトル・アンツの5人の仲間と、世界を愛と勇気で満たすんだ!という気持ちを込めて、楽しみながら歌って踊りました。みんな一生懸命に歌もダンスも練習していたので、凄く嬉しい気持ちでいっぱいです。この歌に込められた純粋なパワーが太陽のように、世界を明るくしてくれますように。元気を出さなくちゃ」とコメント。

 果たしてバナナブーム到来となるか?