高須院長 県独自の緊急事態宣言を出した〝犬猿〟大村知事をチクリ「姑息」

2020年08月05日 16時32分

高須院長

 高須クリニック・高須克弥院長(75)が5日、ツイッターで愛知県独自の緊急事態宣言を出した大村秀章知事について言及した。

 高須氏は芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」の企画展「表現の不自由展・その後」を開催した大村氏の対応を批判。知事のリコール運動を展開している。

 くしくもこの日は愛知県が名古屋市に対し「あいちトリエンナーレ」の負担金を払うよう訴えている裁判がスタート。その話題に緊急事態宣言を被せてきたと考える高須氏は「姑息」とチクリ。フォロワーから「リコールかまされたの意外と効いているのかな?」と問われ「たぶんそうです」と即答した。