井戸田が「トラブル3芸人」宮迫・徳井・渡部の救出に動いた!

2020年08月05日 06時15分

井戸田潤

 お笑いコンビ「スピードワゴン」の井戸田潤(47)が、トラブル続きの芸人たちの〝救出〟に乗り出していた!

 井戸田はコンビ活動のほかに「ハンバーグ師匠」としても活動している。ユーチューブの「ハンバーグ師匠チャンネル」で面白動画をアップしているが、ファンの間で有名なのが、井戸田の愛車であるバイク、ハーレーダビッドソンだ。

 井戸田のハーレーが一躍、有名になったのは、そのカラーリング。ド派手なショッキングピンクで、バラエティー番組などでも「ダサい!!」と笑われた。

 ところが、だ。芸人たちの間では「井戸田のバイクを『ダサい』といじった芸人たちに続々とトラブルが勃発していて、『呪いのバイク』と恐れられている」(お笑い関係者)。

 その芸人とは、闇営業問題で吉本興業を退所した「雨上がり決死隊」宮迫博之、申告漏れ問題を起こした「チュートリアル」徳井義実、多目的トイレでのゲス不倫騒動を起こした「アンジャッシュ」渡部建という、スキャンダルの主役となった面々だ。

 そんないわくつきのバイクだが、井戸田は「愛車を大事に乗り回し、自粛芸人たちを芸能界にカムバックさせようと考えている」(同関係者)そうで、いまも愛車にまたがり東奔西走。あえて〝呪いのバイクネタ〟を笑いにしているという。

 さっそくターゲットになったのは徳井だ。井戸田は自身のユーチューブチャンネルで徳井に電話をかけ、〝呪いのバイク〟の感想を聞いた。

 すると徳井は呪いを恐れるどころか「ソープランドピンク」「思いっきりダサいやん」といじり倒した。同関係者は「宮迫さんとのコラボも一度は決まりかけたし、渡部さんともユーチューブでつながりはあるので、タイミングを見てバイクネタをぶっこむのでは」。

 井戸田が3人の〝救世主〟となるかもしれない?