コロナ感染の芸人・蛾野正洋退院に〝平成の仕掛け人〟永島勝司氏が人違いメッセージ?

2020年08月01日 15時55分

蛾野正洋

 プロレスラー・蝶野正洋(56)のものまねで知られる、お笑い芸人の蛾野正洋(がのまさひろ=33)が1日、ツイッターで退院を報告した。先月21日に新型コロナウイルス感染を公表していた。

 蛾野は「事務所HPの発表にもありましたが、本日退院しました!この度はご心配、ご迷惑おかけ致しました。これからは保健所や病院の指導の下、自宅療養に励みます。日に日に感染者も増えてますので、用心してとしか言えないのが辛いですが、皆さまもお気をつけください!!蛾ッデム!」とツイート。これに反応したのが〝平成の仕掛け人〟プロレス評論家の永島勝司氏(77)だった。

 永島氏は「蝶野、退院おめでとう」とお祝いのメッセージを送ったが、蛾野は「大変恐縮ですが、自分は偽物です!!蛾野(がの)です!恐れ入ります!蛾ッデム!」と返信。永島氏は「!??」と返しただけで状況が理解できない様子。

 このやりとりを見ていたフォロワーからは「オヤジ~!これ蝶野さんじゃない」「本人じゃないよ(笑)!!」と心配する声が上がっていた。