麻木久仁子がマスク転売規制解除に危機感 フォロワーからは「政府の陰謀論」の声も

2020年07月31日 17時18分

麻木久仁子

 タレントの麻木久仁子(57)が31日、ツイッターを更新。政府がマスク転売規制を解除するとの報道に危機感を示した。

 政府は供給が安定してきたとして、来月中にマスクとアルコール消毒製品の転売規制解除の方針を固めた。今年の3月に「国民生活安定緊急措置法」を改正し、関連製品の転売を罰則付きの禁止としていた。

 同日、都内の新型コロナ新規感染者数が過去最多を更新した。麻木は「本日東京463人感染確認。コロナ禍収束の気配もないどころか、ますます拡大の最中に、マスク転売屋に塩を送る本邦政府」と不安を口にした。

 続けて「てか、またまた転売屋が買い占めて値段上がったりしないの?これ」と転売が加速する恐れがあることを指摘。

 フォロワーからは「アベノマスクを拒否した国民への報復だと思う」、「そこでアベノマスクを使わせる気じゃないでしょうか」などと、政府の〝陰謀論〟を疑う声が寄せられた。