横浜流星が退院報告 新型コロナに感染した際に「頭が真っ白」

2020年07月30日 15時30分

退院を報告した横浜流星

 新型コロナウイルスに感染していた俳優の横浜流星(23)が30日にインスタグラムを更新し、退院したことを発表した。

 横浜の所属事務所は21日、その前日に体調不良を訴えていた横浜が、新型コロナウイルスの抗原検査で陽性と判明したことを伝えた。同時に入院・治療を行っていることも報告していた。

 横浜は「本日無事に退院しました。この度は沢山の方々に、多大なるご迷惑とご心配をおかけしましたことを心よりお詫び致します」と謝罪。

 続けて「自宅と仕事場の往復以外、外出は本当にしておらず、感染対策も徹底していたので、陽性の結果が出た時、頭が真っ白になりました」と感染した当時の心境をつづった。

 横浜は自身が主演を務める舞台「巌流島」の全公演の中止が29日に発表され、悔しさを露わにした。それでも「家族、マネージャー、仕事関係者、友人、応援してくださる方々の温かい言葉に何度も救われました。ありがとうございます。そして感染リスクがある中、親身に治療や看護して下さった医療従事者の方々に、感謝の気持ちで一杯です」と謝辞を記した。

 最後に「皆さん、感染予防を徹底していても、いつどこで感染するか分かりませんので、本当に気を付けてください。〝手洗いうがい〟〝外出の際にはマスクを忘れずに〟1日も早く終息しますように」と呼びかけた。