マツケン反復横跳び42回!!「まだまだいけます」ライザップで年齢を感じさせない体に

2020年07月29日 14時22分

明らかにスリムになったマツケン

 俳優で歌手の松平健(66)が29日、都内で都内でヘルスケア大手「RIZAP(ライザップ)」の記者発表会に出席した。

 同社ではシニア向けの新プログラムを開始。シニアの動きを測定し、筋力やバランス能力、柔軟性、下肢可動域の低下などの不安を払拭する体を手に入れるというもの。

 松平は、ライザップで約4か月間トレーニングを行い、新CMでは階段を駆け上がる姿などをみせている。

 この日は、ピタっとした黒の半ズボンに白シャツで、軽くジョグをしながら会場に登場。年齢を感じさせないふくらはぎを見せつけた。

 体重は約17キロ減量。体力年齢は20代となった。「自分でもすごいと思う。体が軽い」「ライザップさんのおかげ」と喜びを語った。

 会場では反復横跳びを披露。42回という結果については、息切れもせずに「まだまだいけます」と分析した。

 トレーニングを開始したきっかけについては「50歳後半から体力の衰えを感じ、60歳を過ぎるとますます体重も増えてお腹も出てきて。このままじゃいけないと思ったから」

 また、約4か月間のトレーニングを振り返り「トレーナーさんは大変優しい。ちょっとつらそうになると、励ましてくれて。褒め伸ばしですね」と明かした。