石原慎太郎氏が〝ALS殺人〟の医師弁護「切腹の際の苦しみを救うための介錯の美徳も知らぬ検察」

2020年07月27日 19時27分

石原慎太郎氏

 元東京都知事で作家の石原慎太郎氏(87)が27日、ツイッターを更新。ALS(筋萎縮性側索硬化症)を発症した女性に薬物を投与して殺害したとして、医師2人が嘱託殺人の疑いで逮捕された事件について、意見を述べた。

 石原氏は「業病のALSに侵され自殺のための身動きも出来ぬ女性が尊厳死を願って相談した二人の医師が薬を与え手助けした事で『殺害』容疑で起訴された。武士道の切腹の際の苦しみを救うための介錯の美徳も知らぬ検察の愚かしさに腹が立つ」(原文ママ)とツイート。

 さらに続けて「裁判の折り私は是非とも医師たちの弁護人として法廷に立ちたい」と投稿した。

 これには様々な反響があり、「法律改正が必要だ」「尊厳死、安楽死を否定できない」という意見や、「愚かな呟きだ」「美化できない」「依頼料がかかっている」などといった石原氏のツイートを批判する声も寄せられている。