三浦翔平が春馬さんを追悼「いつまでも泣いていたら安心して眠れないよな?」

2020年07月25日 17時00分

三浦翔平(左)と三浦春馬さん

 9月スタートのテレビドラマ「おカネの切れ目が恋のはじまり」(TBS系)で共演予定だった俳優の三浦翔平(32)が25日、自身のインスタグラムで、18日に死去した俳優の三浦春馬さん(享年30)を偲んだ。

 2人は〝W三浦〟として以前から交友があり、プライベートでもサーフィンに一緒に行く仲だった。笑顔でサーフィンに興じる春馬さんの写真とともに「何度も現実逃避してるよ。君の死を受け入れるのは、まだまだ時間がかかる。君を想う全員が深い悲しみの中にいて、きっと誰かと話して、誰かと支え合いながら、また泣いて、胸が苦しくて、何かをしてなきゃ頭がおかしくなりそう」と苦悩をつづった。

 続けて「でも、いつまでも泣いていたら安心して眠れないよな? だから少しずつ、受け入れる様に頑張るから。俺達は一生懸命に生きて、お前の意志を受け継いで、お前が見たかった景色を絶対見せるから。だから見守っててね」と春馬さんへのメッセージを添えた。

 三浦翔平は、妻で女優の桐谷美玲(30)が第1子の男児を出産したと今月発表したばかり。

「兄弟のように仲良しでしたからね。翔平くんは守るべき家族、子供がいることが救いです。SNSにここまで内面をさらけ出したのは、俳優になって初めてかもしれません。悲しみを試練にして成長しないといけないことは、本人も分かっているので、仕事に昇華していくでしょう」(三浦翔平を知る製作会社ディレクター)。

 春馬さんへの思いを胸に、俳優としてさらなる高みを目指すことになりそうだ。