テリー伊藤 TOKIO長瀬をミック・ジャガーになぞって「大変な時ほど歌わなくちゃ!」

2020年07月25日 06時15分

TOKIO長瀬にエールを送ったテリー伊藤

 芸能界の〝ご意見番〟として知られるタレントで演出家のテリー伊藤(70)が24日、長瀬への思いを本紙だけに語った。

 自身がプロデュースする唐揚げと卵焼きの専門店「から揚げの天才 阪急塚口南口店」が17日、兵庫・尼崎市内にグランドオープン。オープニングイベントに駆けつけたテリーは「お年寄りからお子さんまで来てもらいたい。『テリー伊藤のところではうまいものを安く食べさせてくれる』と言われるような、地元密着の店になりたい」とアピールした。

 テリーといえばTBS系「サンデー・ジャポン」などでの、歯に衣着せぬコメントがおなじみ。時事ネタ斬りはお手の物だが、関西の有名人で来店してほしい人を聞かれると「上沼さんですよ! 話題の人なんで、ぜひ」と、騒動の渦中にあるタレント・上沼恵美子の名前を挙げた。

 これまで共演したことはないそうだが「いろいろ思うところはあると思いますけど、ウチのレモネードを飲んでいただいて、カッカする気持ちもスッキリしていただきたい。来ていただけるなら、私も飛んできて接待します」と呼びかけた。

 さらに本紙はテリーに、長瀬について聞いたところ「音楽の才能があるんだから、仲間が不祥事を起こしたからって歌わないって手はないよ。『ローリング・ストーンズ』が不祥事起こしたからって、ミック・ジャガーが歌わないなんてありえないでしょ?」。

 TOKIOは元メンバーの山口達也の退所で、音楽活動ができなくなったといわれる。テリーは「それが原因かは分からないけど、ミュージシャンって大変な時ほど歌わなくちゃ。だから長瀬君はこれから1人のミュージシャンとして、自分の生の歌を歌っていけばいいんじゃないかな」とエールを送った。