神木隆之介、東出昌大…〝春馬ショック〟から立ち直れない人々 元カノには誹謗中傷 

2020年07月26日 06時15分

神木隆之介(左)と三浦春馬さん

 俳優の三浦春馬さん(享年30)が18日に急死した。この〝春馬ショック〟から、芸能界はいまだに立ち直れずにいる。

 三浦さんと同じ事務所所属の俳優・神木隆之介(27)は、ユーチューブチャンネルでの動画配信を延期。21日、ツイッターで「スタッフよりお知らせ」と記し、23日午後8時配信分を「お休みさせて頂きます」とした。理由は明記されていないが、三浦さんと神木はともに子役出身で、ドラマで共演して交流があり、その急逝に激しく動揺したとみられる。配信は30日午後8時に延期する。

「乃木坂46」生田絵梨花(23)は三浦さんが急死した18日、生放送の音楽特番「音楽の日」(TBS系)の出演を取りやめた。同番組の公式サイトは「体調不良」と説明。生田は今年3月に三浦さんとミュージカルで共演していただけに、突然舞い込んだ訃報にショックを受けた。

 本人は23日、インスタグラムで「今はまだ、受け止めきれません」と胸中を吐露。「音楽の日」の出演を取りやめたことに「先日はご迷惑おかけしてしまい、すみませんでした」と謝罪した。

 女優の長澤まさみ(33)と俳優の東出昌大(32)は映画「コンフィデンスマンJP プリンセス編」(公開中)のPRのため「とくダネ!」(フジテレビ系)に生出演。

 同作で共演した三浦さんについて、長澤は「あの…」と言葉を選びながら、「弟のように思っていたところもあったので、とても残念です」と語った。

 東出はうつむいて「まだ当分は受け入れられないだろうなとは思います」と沈痛な表情を浮かべた。

 東出の不倫騒動が起きた1月、三浦さんはツイッターで「どの業界、職種でも、叩くだけ叩き、本人達の気力を奪っていく。皆んなが間違いを犯さない訳じゃないと思う」などと異論を唱え、共演した東出を暗にかばったとされた。

「これでネットユーザーからの批判が殺到したのは周知の通り。東出本人も複雑な思いを抱いているようです」(ワイドショー関係者)

 女優の松岡茉優(25)主演で、三浦さんが準主演の9月期ドラマ「おカネの切れ目が恋のはじまり」(TBS系・火曜午後10時~)は3話ほど撮影済みだが、代役の選考が難航している。

「ドラマのスポンサーも事態を考慮し、放送は〝無理しなくていい〟とのスタンスだそうです。お蔵入りが濃厚でしょう」と代理店関係者は指摘している。

 心無い声が寄せられたのは元カノの女優・三吉彩花(24)。三浦さんとは2年前に一部週刊誌で熱愛が報じられた。ただ、それだけなのに三吉のインスタグラムには「おまえのせいだ」「責任取れ」などと大量に書き込まれ、当該投稿はのちに削除された。

 三吉は23日にインスタを更新。真っ黒に塗りつぶされた画像を背景に「毎日しっかりと過ごしています。ただ、もう少し時間をください。何も整理できていなくて。ごめんなさい」と投稿している。

 こんなことをしても天国の三浦さんが悲しむだけだ。