つるの剛士が思い出の遊園地・としまえんの閉園を惜しむ「泣けてくる」

2020年07月21日 13時55分

つるの剛士

 タレントのつるの剛士(45)が21日、ツイッターで東京都・練馬区の遊園地としまえんの閉園の思いをつづった。

 この日、8月31日閉園が決まっているとしまえんに取材で訪れたつるのは中学・高校と練馬育ち。としまえんのロゴが入ったタオルを持った画像を添付し「ロゴだけで泣ける」と投稿。

 さらに「元練馬区民、憩いの場」「懐かしくて泣けてきます」とし、長い歴史を持つ思い出の遊園地の閉園を惜しんだ。