三浦春馬さん〝最後の共演者〟JUJUは21日のライブを乗り切れるのか

2020年07月20日 19時18分

JUJU

 前途ある人気若手俳優の自死とあり、三浦春馬さん(享年30)と親交のあった俳優仲間らのショックは計り知れない。中でも一番気がかりなのが、NHKの旅番組「世界はほしいモノにあふれてる」(木曜午後10時30分)で名MCコンビを組んでいた人気シンガー・ソングライターJUJUだ。

 三浦さん急逝2日前の16日に同番組の収録があり、JUJUは三浦さんと共演した。その日、別のNHK番組収録で三浦さんと楽屋が隣になった元サッカー日本代表MFでタレントの前園真聖(46=本紙評論家)は、19日の「ワイドナショー」(フジテレビ系)で「スタッフの人たちの声とか談笑している声も聞こえてて」と明かしている。

 18日午後、三浦さんの訃報が流れて以降、公私にわたり交流していた芸能人らが続々とSNSなどで追悼コメントを発信しているが、JUJUのツイッターは、その16日の午後5時30分すぎに「今日は収録、そのあとは…」と更新されたきり。インスタグラムも17日に愛犬の写真を載せたきり更新ナシ。こうした最新投稿のコメント欄は、ファンからの激励で埋め尽くされている。JUJUはそれすらできない精神状態なのかもしれない。

 そんなJUJUは21日に都内で一夜限りの生配信ライブを開催する。毎年恒例のジャズライブで、今年は新型コロナウイルス禍の影響で無観客で行われるが、現在のところ、中止や延期等のアナウンスはない。

 また、〝せかほし〟で三浦さんとJUJUの掛け合いを引き立てる、ナレーターで声優・神尾晋一郎もJUJU同様、SNSなどで、三浦さんについてのコメントはしていない。なお、番組は今週も放送予定となっている。

 番組公式サイトおよびツイッターには20日、「世界はほしいモノにあふれてる一同」から、「ときには自らも旅に出て、世界中のすてきなモノ、そして、それを生み出す職人・デザイナーたちと出会い、その魅力を優しく温かな目で、誠実な言葉で伝えてくれました。ここに、心からの感謝と哀悼の意を表します」と、三浦さんへの追悼文が載せられた。