〝ユーチューバー〟石橋貴明が狙う「うたばん」復活 中居にラブコール

2020年07月16日 11時13分

ユーチューバーとして成功している石橋

 タカ&ナカイがユーチューブでタッグ!? お笑いコンビ「とんねるず」の石橋貴明(58)が、ユーチューバーとして好スタートを切ったが、そこで満足するつもりはないようだ。次なる野望は、元SMAPの中居正広(47)とのコンビで視聴率20%を何度も超えた大人気音楽番組「うたばん」(TBS系)の復活だという。大物ゲストを呼んで次々に過激トークを繰り広げる…そんな音楽番組をユーチューブで復活させようというのだ。 

石橋はバラエティー番組「とんねるずのみなさんのおかげでした」(フジテレビ系、2018年終了)のマッコイ斉藤ディレクターから提案されて、6月18日にユーチューブチャンネル「貴ちゃんねるず」を開設。おぎやはぎのラジオ番組に“乱入”し「この1年やってみて、ダメなら、まぁ引退」とまで言ってスタートさせた。

「当初はチャンネル登録者数1万人突破を目標に、と話していましたが、早くも60万人を超えている。ユーチューバーとしては大成功でしょう」(芸能関係者)

 この成功の理由は「野球」にある。石橋は甲子園の常連・帝京高校の野球部出身で知られる。その石橋が野球をひたすら見て語り尽くしているのだから、マニアにとってはたまらない人気チャンネルへと進化している。

「石橋はこのチャンネルをまずは『一人プロ野球ニュース』として、注目を集めていきたいと考えているようです。その第1弾が帝京高校野球部の後輩でもある『北海道日本ハムファイターズ』杉谷拳士選手の動向を伝える『今週の杉谷』だそうです。この企画では、石橋がプロ野球の開幕戦を観戦する様子が公開されるなど、早くも注目を集めていますね」(前同)

 だが、石橋が考えているユーチューブ企画は野球にとどまらない。

「実は石橋は以前、TBSで司会を務めていた歌番組『うたばん』の復活を『貴ちゃんねるず』で考えているそうなんです」とある音楽関係者。

「うたばん」とは1996年から2010年まで放送された音楽番組で、司会を務めたのが石橋と中居。最高視聴率25・0%(01年3月1日=ビデオリサーチ調べ、関東地区)を叩き出したこともある。

「嵐、松田聖子、SMAP、モーニング娘。など、人気の大物歌手が次々と登場し、歌とトークを繰り広げました。何といってもこの番組の最大の売りは、石橋がトークで切り込む、大物歌手たちとのプライベート話が満載のトークコーナーです。これを『貴ちゃんねるず』で再現したいという思いがあるそうです。大物歌手をゲストに呼んで、テレビの時以上に、過激なトークで切り込みたいと考えているのではないでしょうか」と同関係者。

 そうなると「うたばん」で石橋と一緒に司会を務めていた中居の動向が気になるところ。
「いまも石橋と中居とは親しい間柄だといいますから、石橋が中居に『一緒にうたばんを復活させよう』と、声を掛ける可能性は十分ありそうですよ」(前同)

 中居はジャニーズ事務所を退所した後も、変わらずテレビ局で多くのレギュラー番組を持ち続けている。そして、石橋同様に野球好きとして知られるため、「まずは、中居はゲストとして『貴ちゃんねるず』の『今週の杉谷』に出演。野球の話で盛り上がって、次第に石橋とのコラボを視聴者に意識させながら、いずれ2人で『うたばん』復活、なんて流れを考えているのではないか」(前同)

 石橋と中居の伝説の歌番組「うたばん」がユーチューブで復活すれば、当時の番組ファンや音楽ファンも大喜びすることは間違いない。

「貴ちゃんねるず」も登録者数がいまの5倍、いや10倍の600万人を突破するなんてことも。石橋はテレビ界に続いて、ユーチューブ界でも王様となるかもしれない。