引退後も続くユッキーナの大炎上 見かねたフジモンが再び動く日

2020年07月15日 16時30分

木下優樹菜

 電撃引退から10日経過してもなお、元タレント・木下優樹菜(32)の炎上が続いている。

 引退発表の際、所属事務所「プラチナムプロダクション」が「今後同人との信頼関係を維持することが著しく困難であると判断」と説明。背景に何らかのトラブルがあったことをにおわせたため、マスコミ取材が過熱した。

 結果、年明けに発覚したサッカー元日本代表選手とは違う木下の〝新不倫疑惑〟が浮上。一部報道によれば、本命視される男性は「大手事務所に所属するヒップホップグループの30代ラッパー」という。

 それだけでは終わらない。「第2の男」「第3の男」と登場人物が増殖。ネット上では相手男性を特定する〝犯人捜し〟が盛んに繰り広げられている。

「あらぬ疑いをかけられた某ダンスグループのメンバーは困惑し、事務所スタッフが『違いますので!』と説明して回っています。お祭り騒ぎは当分続きそうですよ」(ワイドショー関係者)

 そんな炎上続きの木下を救うべく、前夫の藤本敏史(49)が再びひと肌脱ぐ可能性があるという。

 藤本は元妻が引退表明した6日、吉本興業のニュースサイト「ラフ&ピースニュースマガジン」を通じて声明を発表。「マスコミのみなさまにお願いです。彼女は、本日を以て、芸能人ではなく一般の方になります。子供や家族、近隣の方々の日常生活の為にも、報道にご配慮いただけますようお願いいたします」と訴えた。

 ただ、直後に木下の新不倫疑惑が浮上したため、藤本の呼びかけの効力はあっさり失われた。

「夫婦は離婚しましたが、2人のお子さんはいまも一緒に育てています。藤本さんは元妻の不倫疑惑にショックを受けたそうですが、子供を守るためには落ち込んでばかりもいられない。自らを奮い立たせ、もう一度、何らかのアクションを起こさねば炎上は収まらないとみているようです」(はテレビ関係者)

 コロナ禍で芸能イベントは減少しているが、次に藤本がマスコミの前に出てきた際には、木下について聞かれることは間違いない。

「そこで世間やマスコミにどれほど訴えることができるか…。ある意味、藤本さんの器量が問われます」とはワイドショー関係者。

 先輩芸人の松本人志は12日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」で木下の引退について「フジモンはタピオカ店より被害受けてる」とネタにしていたが、藤本のことを誰よりも心配しているという。こちらもそろそろ〝火消し〟に動きだすかもしれない――。