アパホテル コロナ禍でも都内に新店舗開業 元谷芙美子社長「一致団結して必ずやチャンスに」 

2020年07月14日 17時10分

左から元谷外志雄氏、河野貴輝TKP代表取締役社長、元谷芙美子氏

 アパホテルなどを展開するアパグループ代表の元谷外志雄氏(77)と、妻でアパホテル取締役社長の元谷芙美子氏(73)が14日、都内で行われた「APA HOTEL〈上野広小路〉」の開業披露式典に出席した。

 同ホテルは、貸会議室を運営・管理する株式会社TKPがアパホテルとフランチャイズ契約を結ぶ都内3棟目のホテル。

 外志雄氏は「10年前は6棟のホテルしかなかった。東京都心でトップを取ろうという目標のもと、現在は東京都心に77ホテルを開業することができた。東京にはまだまだ需要がある。決してコロナによって計画を変えたり、予定を変更したりすることなく、今後も1日も休まず営業していく」と話した。

 芙美子氏は「私たち観光業界は、コロナの影響を最も受けている。一致団結して必ずやチャンスに変えてさらにアパホテルのブランド力アップにつなげていきたい」と宣言した。