欅坂46が初の無観客配信ライブを16日に開催 気になる「重要なメッセージ」

2020年07月14日 15時40分

欅坂46キャプテンの菅井友香

 人気アイドルグループ「欅坂46」がついに動き出す――。

 今月16日に初の無観客配信ライブを行う欅坂46。ワンマンライブは昨年9月の東京ドーム公演以来とあって、ファンも今か今かと待ちわびている。

 グループの公式サイトでは「通常のライブとは違い、メンバーが縦横無尽に駆け巡る複数のステージを使った新しいライブのスタイルをお届けします。また同じ時間、同じ空間を共有することを大切にしたいため、アーカイブを残さずリアルタイムで視聴者の皆さんとコミュニケーション出来るオンラインならではの企画を用意しています」と告知。

 今年1月に「絶対的センター」平手友梨奈が脱退したグループにあって、新たな船出だ。

 ファンからは「どんなライブになるんだろう」と〝新生・欅坂46〟に期待する声が挙がっているが、もっとも気にしているのが公式サイトに載っている「そして欅坂46より、皆さまへ重要なメッセージをお伝えする予定です」という文面だ。

 キャプテンの菅井友香も、13日放送のラジオ番組「レコメン!」(文化放送)で「今回のライブは今後のグループのことを語るにおいても見逃さないでいただきたいライブになる」と宣言。

〝重要なメッセージ〟の中身を含めて見逃せないライブとなりそうだ。