高橋ユウ コロナ禍で動画編集に挑戦も「テロップが勝手に…」

2020年07月13日 15時07分

高橋ユウ

 モデルの高橋ユウ(29)、ラグビー元日本代表で前主将の廣瀬俊朗(38)が13日、山田水産「#おうちで山田のうなぎ」キャンペーンのオンライン発表会にゲストとして、リモートで出演した。

 高橋は2018年9月、格闘家の卜部弘嵩(31)と結婚。夫との鰻にまつわるエピソードについて問われると「夫の試合の前日に軽量があって、軽量が終わったらすぐ鰻を食べに行ったりした」と振り返った。

 今年1月には第1子男児を出産。ママとなった生活については「春になったら、いっぱいお出かけしようと思っていたけどコロナになった。外に出られなくなったけど、夫も自粛で家にいてくれることも多くて、3人で過ごす時間が多くて。息子の生活リズムも一緒に受け入れることができた」と明るく語った。

 これまでとは違う日常になった中で、新しく挑戦したこともあるという。

 ユーチューバーとしての顔を持つ高橋は「動画の編集の勉強を始めてみようと思って、編集ソフトをダウンロードしてやってみた」「撮った動画を分割すると、達成感でいっぱいになった(笑い)。でもテロップが勝手に動いたりして、そこから手に負えない状態になっている」と苦笑いした。

 また、コロナ禍での過ごし方について、広瀬は「昨年のW杯から忙しくしていて、夜ご飯を家族で食べることはほとんどなかった。この3、4か月は毎日のように食べられるようになった。家族との時間が増えて、いろんな話ができてよかった」と前向きに語った。

 オンライン発表会では、新型コロナウイルスの感染拡大で自宅時間が増える中、今月日の土用の丑の日へ向けてのキャンペーンが紹介された。

 スーパーなどで販売されている同社の鰻食品のラベルなどを「#おうちで山田のうなぎ」のハッシュタグを付けてツイッターに投稿すると、抽選でプレゼントがもらえる。