アッキー大賛成!! 手越会員制ホストクラブ構想 お花見騒動で話題の2人がタッグ?

2020年07月09日 11時33分

手越祐也

 先月19日にジャニーズ事務所を退所した元「NEWS」の手越祐也(32)が、アッキーとタッグを組む!? 大物実業家や有名ユーチューバーらとの交流を明かしている“悪童”手越だが、最も「大物」といえるのは、安倍晋三首相の妻・昭恵夫人(58)にほかならない。定期的に会食する2人は、未来を語り合っているという。そして、手越が提案したアイデアの中には、アッキーが超ノリノリのものがあるという情報を本紙はキャッチした。それは何と会員制ホストクラブだ――。

 新型コロナウイルスの感染拡大によって不要不急の外出などの自粛要請が出ていた3月末、手越は昭恵夫人らと会食していたことが発覚した。

 先月23日のジャニーズ事務所退所会見で手越は、コロナ禍で日本や世界が暗い中で「未来へのビジョンを語り合う会でした」と説明。会には「若手の起業家や日本酒を世界に広めたい方」たちが参加したという。

 満開の桜をバックに写真を撮ったため、花見と報じられたが、それは誤解で「せっかくだから写真を撮ろう」となっただけだと強調した。さらに、手越は今回だけでなく、昭恵夫人と定期的に意見交換する食事会を行っているとし、「プライベートですごく良くしてくださる」と感謝。

 そのうえで「昭恵さんはボランティアに興味があって。お会いした時からボランティアの話をよくしていた」と続けた。

 手越も昭恵夫人も“大好きな”お酒を飲みながら行われるという定期的な会食。「若い人たちがこれからの日本を引っ張ってほしい」との昭恵夫人の熱い思いを受け、さまざまな職種の人間が夢を語るというが、首相夫人を前にしても“手越流”が貫かれているという。

「2人とも楽しそうにお酒を飲み、どんどんフランクになっていくのも共通点です。ある時、手越が昭恵さんにお酒を勧めまくって“フラフラ状態”にしてしまったこともあったようです。手越は夜の繁華街で築いた豊富な人脈が注目されてますが、とにかく“酒を飲ませて”距離を縮めていくのが得意。昭恵さんを前にしてもまったく物おじしないんですよ」(港区の飲食店関係者)

 手越から退所の相談をされたことを明かしたホリエモンこと実業家の堀江貴文氏もそんな“飲みの洗礼”を受けた一人。

 先月23日の動画配信で堀江氏は「僕も強い方だけど、(手越は)とにかく酒が強い」と驚嘆。「年をとって先輩から『飲め!』と言われることがなくなってきたけど、強力にお酒を勧めてくるのが手越くん。何回潰されたことか」とうれしそうに話し、お酒を介して仲を深めていったことをうかがわせた。

 手越と昭恵夫人は互いに酒豪というだけでなく「お騒がせキャラ」の共通点もある。昭恵夫人は、花見疑惑の会食だけではなく、大分県に旅行していたことも発覚。周囲が「行くな」と言っても我慢できない点は、2度のステイホーム破りをした手越とそっくりだ。

「手越はひとり親家庭に弁当を無償で配達するボランティア活動をしていますが、昭恵さんにいろいろアドバイスを受けての行動だったとか」とは前出の飲食店関係者。

 そんな2人が“ある夢”をめぐって意気投合したという仰天情報をキャッチした。

「お互い何度もお酒にまつわる記事で叩かれてきた有名人ということで、“世間の目を気にせず飲める場所がほしい”と言っていた。手越は親しい有名人しか入れない“会員制ホストクラブ”を立ち上げるビジョンを明かし、それを聞いた昭恵さんも『行きたい!』とノリノリで応えることまであった」(前同)

 手越は、以前から自身が経営に関わる港区の会員制バーにもフランクに昭恵夫人を誘っていたというから、いっそのこと一緒にお店を経営したほうがメリットが大きいと考えたのかもしれない。

 新型コロナが蔓延していても、家でじっとしていられないこの2人。今後もお騒がせニュースが届きそうだ。