たけし譲りの華麗トーク術 渡嘉敷勝男が大人気ユーチューバーに

2020年07月07日 11時00分

「トカちゃん」こと渡嘉敷勝男

 あの“トカちゃん”がボクシング界ユーチューバーの「ビートたけし」になった?

 元WBA世界ライトフライ級王者の渡嘉敷勝男(59)はボクシング引退後、テレビタレントとして大活躍。ビートたけしの番組にも数多く起用され、タレントとして“たけしDNA”を叩き込まれた。

 最近では地上波のテレビ番組の出演こそ減っているものの、ネット界では「ユーチューバー・トカちゃんとして熱狂的ファンは多い」(制作会社ディレクター)。

 渡嘉敷は元WBA世界ミドル級王者の竹原慎二、元WBA世界スーパーフェザー級&ライト級王者の畑山隆則と3人でユーチューブチャンネルを開設。たけし仕込みのトークスキルをいかんなく発揮している。

 元世界王者が3人いるだけにボクシングの技術論はもちろん、裏話も豊富で、ボクシングファンにはたまらない内容だ。

「少し天然キャラの竹原さん、ズバズバとした物言いが魅力の畑山さんを相手に、トークを回しているのが渡嘉敷さん。時にはボケて、時にはツッコむ。現役時代は接近戦で打ち合うファイタータイプでしたが、ユーチューバー・トカちゃんはアウトボクシングのように、華麗なトーク術もある。まさに変幻自在です」(前同)

 しかも、その口ぶりがたけしに似ているというから驚きだ。

「本当にたけしさんに似ていますよ。トークの“間”とかですね。年齢的にも大御所クラスになってますし、ボクシング界ユーチューバーのたけしさんですよ」(前同)

 そこまでたけしに似るのにも理由がある。

「かつて渡嘉敷さんはたけしさんにトラブルを解決してもらい、ものすごく恩義に感じている。だから自然と似てしまうのかもしれませんね」(前同)

 いつか「たけし×渡嘉敷」のユーチューブコラボが実現するかも!?