高橋真麻が父・英樹との〝確執疑惑〟否定「パパの遺伝子が入ってるのは誇り!」

2020年07月07日 06時16分

父・英樹との確執問題を語った高橋真麻

 5月1日に第1子出産を報告したフリーアナウンサーの高橋真麻(38)が6日、都内で行われた「おつりで投資トラノコ」の新サービス「マネーステップ」記者発表会見に登場。出産報告から初の公の場で、この日から仕事復帰となった。

 父親で俳優の高橋英樹(73)にとっては待望の初孫。すでにデレデレのようで「愛情が爆発していて、抑えるのに必死。『いっぱい(プレゼントを)買いたい』と言っていますが、ありがたいことに出産祝いでたくさんいただいているので、徐々にね、と。『品川中のアメを買うのが夢』と言っているのですが、それはやめてと言いました」と苦笑いした。

 育児についてはなるべく夫婦で頑張ることを伝えており「本当はズブズブに育児にコミットしたいようですけど、我慢しているみたい(笑い)」と明かし「いまが一番、親孝行できているのかな!?」と語った。

 イベントやテレビで何度も共演し、仲の良さで有名な父娘だが、一方で〝確執疑惑〟も。

 英樹は1日に自身のブログ更新を休止した。実は、英樹がブログに書いた記事を誤って解釈したネットニュースが「ベビー同伴で真麻が仕事復帰する」と報じたことが理由だという。

 ただ、真麻は「父のブログが変にとらえられてネットニュースになってしまって…。私が苦言を呈したら〝しょんぼり英樹〟になっちゃって、ブログをお休みすることに。親子関係はまったく良好ですよ」と〝確執〟を否定。夏休み明けをメドにブログを再開する見通しであることも明かした。

「コロナ禍で父、英樹さんの若かりしころの時代劇などを改めて見ているようで、イケメンぶりや演技力に脱帽。英樹さんに『パパの遺伝子が入ってるのは誇り!』と改めて感謝したとか。確執はまったくないでしょう。コロナ禍でまだ実現していませんが、テレビ共演して真麻さんの口から溺愛ぶりを明かされる日も来ると思いますよ」(テレビ局関係者)

 ブログでの一件もネタの一つになりそうだ。