新婚・武田真治がラジオで自虐トーク「トレンドに『ロス』が一切ないんだよね」

2020年07月07日 05時00分

文化放送スタジオで結婚を祝福された武田真治

 俳優でサックス奏者の武田真治(47)がこのほど、文化放送のレギュラー番組「楽器楽園~ガキパラ~ for all music―lovers」(毎週火曜夜9時)に結婚後、初の番組収録に臨んだ。

 武田は今月2日に歯科衛生士でモデルの静まなみとの結婚を発表。今回の収録は、発表後の先週末に行われた。この日、共演のバイオリニスト・岡部磨知氏から「シンディ(武田)、ご結婚おめでとうございます!」と祝福されると、「ありがとう!」と応えた。武田は「コロナでまだ大変な人がいる中で、こういう形をとらせていただくのは不謹慎にとらえる方もいるかなと思ったんですが、そういうふうに思っていただけているならありがたいです」と話した。

 武田は、メディアへの発表前に、かつてレギュラー出演していただった「めちゃ×2イケてるッ!」(フジテレビ系)のメンバーやこれまでお世話になった芸能界の先輩方に結婚を報告した時の様子を語り、「本当にお祝いの声をいただいて、そういうところで実感するものだね」と幸せをかみしめていた。

 その一方、気になったこともあったようで「祝福ムードってさ、うれしいんだよ、すごくうれしいんだけど、こういう時って『武田真治ロス』っていうハッシュタグが立つものだよね。トレンドで。『おめでとう』と『武田真治ロス』、結構デッドヒートで上位に上がってくるよね。なのに、『ロス』が一切ないんだよね」と自虐的に話すと、スタジオは大盛り上がり。「俺はロスがなかったことにロスしてる」と訴えた。

 このもようは7日に放送予定。