こわもて石橋蓮司がナメた後輩・佐藤浩市を〝脅迫〟「ネタはいっぱい持ってるんだぞ!」

2020年07月03日 17時50分

石橋蓮司

〝レジェンドこわもて俳優〟の石橋蓮司(78)が3日、都内で行われた主演映画「一度も撃っていません」(阪本順治監督)の公開記念イベントに出席。電話出演した共演者の佐藤浩市(59)を〝脅迫〟して笑わせた。


 石橋にとって18年ぶりの主演作。ハードボイルドチックなコメディーを演じているが、新型コロナウイルス禍で4月24日の公開日が延期になっていた。冒頭、石橋は「ずいぶんと公開まで長い時間がかかりました。こういう状況下で劇場に来てくださるお客さんには本当に感謝です」とあいさつ。その後は、この日は来られなかった豪華共演者たちとの電話トークに突入した。

 深夜のロサンゼルスからほろ酔い加減の桃井かおり(68)らが出演したなか、この日の陰の主役は佐藤浩市だ。電話がつながるなり「もしもぉ~し⁉」と気の抜けた声で応答すると、石橋はニヤけながら「なんかさぁ、もっとハッキリしたトーンでしゃべってくれないかなぁ!」とダメ出し。すると直後に計ったかのようなタイミングで佐藤の電話が切れて、会場中が爆笑に包まれた。

 その後も佐藤は「はいはい、石橋蓮司さんをほめればいいんですよねぇ~?」などと、仲がいいからこその軽口を叩きまくってやりたい放題だ。これには石橋も「俺はお前んとこととは3世代(父・三國連太郎さん、息子・寛一郎)も付き合ってるんだぞ。気を付けろよ、ネタはいっぱい持ってるんだぞ⁉」と〝脅迫〟して、こちらも負けじと爆笑をかっさらった。