「めちゃイケの人」から「怪優」へ 武田真治を再ブレークさせた妻の内助の功

2020年07月02日 14時08分

結婚を発表した武田真治と静まなみ

 俳優の武田真治(47)が2日、かねて交際していた歯科衛生士の資格を持つモデルの静まなみ(25)との結婚を発表した。

 2人は1日に都内の区役所に婚姻届を提出。すでに同居しており、挙式・披露宴は未定としている。
 所属事務所によると、2人は武田が通う歯医者で、患者と歯科衛生士として出会い、その後交際に発展。武田は決してケンカしない関係がとても居心地がいいと話しているという。

 一方の静は、武田の仕事に対する真面目な姿勢にひかれたという。共通の趣味は映画鑑賞で、好きな作品や見たい作品が同じ。2匹の愛犬とすでに同居している。

 2人は連名の書面で「コロナ禍で大変な状況はまだ続くと思われますが、手を取り合って乗り越え、明るく健やかな家庭を築きながら、お互いより一層精進して参ります。今後ともご指導、ご鞭撻賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます」とコメント。静は妊娠はしていない。

 武田と言えば、2018年3月末に放送終了したフジテレビ系「めちゃ×2イケてるッ!」のメンバーの1人というイメージが強かったが、NHK「みんなで筋肉体操」でみせた強烈な個性が話題となり、このところは俳優業にシフトしている。

 先月28日に放送終了した連続ドラマ「美食探偵 明智五郎」(日本テレビ)では、フランス帰りのシェフ・伊藤役で出演。二面性のあるキャラクターを〝怪演〟した。

「昔はクラブでナンパしたり、〝夜遊び〟も激しかったが、ここ数年はすっかり落ち着いた。仕事に対してはストイックで、何かに集中している時は誰からの干渉も受けたくない性格。そのあたりを静さんが察してあげていることが大きいのではないか」とは武田を知る芸能プロ関係者。

 内助の功を得て、武田は今後も「怪優」として重宝されそうだ。