さすが大阪?吉村洋文府知事と松井一郎市長の軽妙トークが大好評! イベントに芸人不要の声

2020年07月02日 11時00分

吉村洋文大阪府知事(左)と松井一郎大阪市長

 芸人も顔負け? 大阪府の吉村洋文知事(45=写真左)と大阪市の松井一郎市長(56=同右)が1日、大阪市の道頓堀で行われた「大阪の食を守ろう“食のまち・大阪”再始動」のPRイベントに登場した。

 同イベントは、新型コロナウイルスの感染拡大により、観光客が激減した“食い倒れの街”大阪の食を取り戻そうというもの。コロナ対策で全国的に評価を高めた吉村氏と松井氏が登場とあって、200人近い通行人が集まった。吉村氏は「やっぱり道頓堀が元気にならないと、大阪は元気にならない。感染症対策をやりながら、皆さんで大阪を盛り上げていきましょう」とあいさつした。

 一方、松井氏は「コロナにえらい目に遭わされましたが、少しずつ抑える形ができてきた。これから、大阪のにぎわいをV字回復していきたい。10万円の給付が遅れてて申し訳ないですが、7月中には必ず届けるように頑張ってますので、10万円使ってください」と、全国の自治体と比べて大きく後れを取っている特別定額給付金の給付率を自虐的に織り交ぜながら、外食をアピールした。

 2人は串カツやたこ焼きなど、道頓堀商店街に店を構える飲食店のメニューを試食。舌鼓を打ちながら、吉村氏が「道頓堀で食事するにはおカネが必要。大阪市民なのに、待てど暮らせど10万円が入らない」とボヤくと、すかさず松井氏が「吉村知事は昨日、ボーナスもらってますから、10万円はまったく必要ない。却下」。息ピッタリの掛け合いを披露して、集まった通行人を笑わせた。

 大勢の通行人を呼び寄せた人気に、地元関係者からは「府や市は何かイベントがあると吉本の芸人を呼んどるけど、これだけ人気あると、芸人も必要ないんちゃう? 下手な芸人より話もうまい。観光客を呼び戻すのも簡単にはいかんやろうし、芸人のギャラの分、商店街の商品券でも作ってほしい」との声も上がった。