丸山穂高議員が苦言 コロナ感染者数の発表よりも「結局東京アラートって何だったんだ」

2020年06月29日 19時36分

丸山穂高衆院議員

 丸山穂高衆議院議員(36)が29日、ツイッターで連日報道される感染者数に言及した。

 丸山議員は29日の東京の感染者を報じるニュースをリツイートし「東京は、水商売など高リスクと言われてる系含めてコロナ検査数を何倍にも増やしてるんだから、この数字の過剰視は意味ないよ。死者率が他国より圧倒的に少ない中で、そろそろ疫学統計的に意味のない過剰反応を煽る報道はやめるべき」と指摘した。

 その上で「だからこそ結局東京アラートって何だったんだという話なら分かるが」と今さらながら、東京アラートの意義を問いかけている。