YouTube、TikTokで話題を集める芸人のエハラマサヒロが〝痛風ビッグダディ〟化! 「もう一人頑張っちゃおうかなあ」

2020年06月26日 19時18分

エハラファミリー

 お笑い芸人のエハラマサヒロ(38)が26日、都内で行われた芸能人御用達アパレルブランド「Junky mood」の2020年展示会を訪れ、本紙の取材に応じた。

 同ブランドは昨年スタートしたばかりだが、わが国を代表する歌姫らが着用するなど、芸能界に多数のファンを持つ。家族で愛用する江原は、〝美人すぎる嫁〟として知られる妻の千鶴さん(40)、長男のうたくん(1)とともに来場し、新作をチェックした。

 同じ吉本所属のお笑いトリオ「ジャングルポケット」の斉藤慎二(37)も愛用者の一人。昨年の展示会に顔を出した直後、妻のタレント・瀬戸サオリ(32)との間に待望の第1子を授かり、現在は親子3人で幸せの絶頂にいる。コロナ自粛中も、仕事減に悩む芸人をしり目に「ウイニング競馬」(テレビ東京系)のMCとして存在感を発揮するなど、絶好調だ。

 もちろん、エハラも負けていない。自身は「ものまね王座決定戦」(フジテレビ系)に優勝し、「R-1ぐらんぷり」でも準優勝するなど実力を備えながら、早くからユーチューブに活路を見出し、家族でTikTokなどのSNSに出演。自粛期間中には大幅にフォロワーを伸ばし、安心・安全の〝家族大好き芸人〟として人気が爆発している。

 エハラは吉本きっての酒豪のうえ、焼肉好きの〝美食探偵〟。自粛期間中の運動不足がたたって痛風を発症し、足を引きずる場面も見られたものの、結婚11年目の夫人とはいまだにラブラブのうえ、子どもたちがかわいくてたまらない様子。4人の子だくさんにもかかわらず「斉藤さんに対抗して、もう一人頑張っちゃおうかなあ」と、さらなる〝痛風ビッグダディ〟化を目指していた。