元AKB48・秋元才加結婚のウラに幕内・高安のアシスト

2020年06月23日 05時32分

結婚した秋元才加

 ごっつぁんです! 元AKB48の女優・秋元才加(31)が、交際中の人気ラッパー・PUNPEE(36)と20日に結婚したことを22日のツイッターで発表した。

 2013年にAKBを卒業した秋元は、主に女優としてドラマ、舞台で幅広く活躍。演技力の評価は高く、8月公開の戦争アクション映画「山猫は眠らない8 暗殺者の終幕」では、暗殺者役でハリウッドデビューも果たす。

 一方、PUNPEEはヒップホップ界では希代のトラックメーカー、ラッパー、プロデューサーとして超有名人。人気バラエティー番組「水曜日のダウンタウン」(TBS系)のオープニング曲のラップとトラックを担当。加山雄三とのコラボ曲を発表したり、宇多田ヒカルの全米ヒット曲のリミックスも担当した。

「16年ごろから秋元がPUNPEEのライブやイベントで頻繁に目撃され、仲良く話す姿もあった。仕事の関係者はおろか、ファンの間からも『付き合っているのでは?』と噂になっていた」(音楽関係者)

 そんな2人の交際が公になったのは、2018年7月の写真週刊誌「フラッシュ」でのスクープ記事だ。同誌記者の直撃に「付き合っています」と堂々と交際を認め、その潔さには双方のファンも好意的だった。

 それでもすべてが順調というわけではなかった。秋元が別の人物と交際しているとの噂に振り回された過去があったのだ。別の人物とは、演歌歌手の杜このみ(30)との婚約を発表している大相撲の高安(30)だ。

「秋元とは父が日本人、母がフィリピン人のハーフで、幼なじみでもある。実際にお母さん同士も仲が良く『2人が結婚してくれればいいのに!』と盛り上がっていたほどだった」(相撲関係者)

 秋元とPUNPEEが交際していた時期まで、水面下で何度となく高安との熱愛情報が浮上。特に相撲界からは2人の交際を確信する声が漏れ、ウラ取りに動いたマスコミも複数あった。しかし、そんな声を打ち消したのは秋元本人だった。

 17年5月に漫画家のやくみつる氏らの声で2人の熱愛を期待する報道が出ると、秋元は自身のツイッターで「私の人生、私が選ぶし、好きな人も、好きなものも私が選ぶのです」とキッパリ。名指しはしなかったが、明らかに高安との交際報道を否定したものだった。

「このころにはPUNPEEと急接近していたので、秋元は自ら否定したようです。高安とは熱愛を期待する報道があった程度で、交際を確定するような報道はなかった。それだけに当時から『あえて否定しなくても…』と秋元を心配する声もあった。一方で、PUNPEEはそんな毅然とした姿によりいっそうひかれて、2人の仲はさらに深まったようです」(前出の音楽関係者)

 つまり、高安との交際説が出て、PUNPEEとの愛がより深まったというわけ。高安のナイスアシストといえそうだ。