おぎやはぎ矢作が渡部の代役でラジオ出演「謝罪文の代読しません。謝る気もございません(笑い)」

2020年06月19日 16時46分

おぎやはぎ・矢作兼

 お笑いコンビ「おぎやはぎ」の矢作兼(48)が、不倫騒動を起こし芸能活動を自粛している渡部建(47)の代役として、19日放送のFMラジオ番組「GOLD RUSH」(J―WAVE)に出演した。

 矢作は18日深夜に放送された冠AMラジオ番組「おぎやはぎのメガネびいき」(TBSラジオ)で、自身の「GOLD RUSH」代役出演について言及。AMとFMラジオ番組の“壁”について冗談を交じえながら、代役のオファーがあったことを明かしていた。

 午後4時30分からスタートした番組冒頭で矢作は「おぎやはぎの矢作兼です。アンジャッシュ・渡部建さんが芸能活動自粛しているということでね、普段はTBSでラジオやらせていただいているんですが、今日はJ―WAVE対応でやらせていただいています」と、FMラジオパーソナリティー風に、シブい声で口火を切るも「もたないので、さっそく普段のしゃべりに戻させていただきます」と笑わせた。

「J―WAVE憧れだったんで、緊張してます。渡部さんの代打だったんで、期待している人がいるみたいですね。なんか、渡部の謝罪文を矢作が代読するという予想があるみたいで。テレビで観たんですが」と言うが、「意味わかんなくないですが、するわけないじゃないですか、説得力がないじゃないですか。(相方の)児嶋が言うならまだ。まったく、代読しません、謝る気もございません(笑い)」とちゃかした。