倖田來未の“美腹筋”に驚きの声 ピラティスで「見た目がめっちゃ変わった」

2020年06月16日 14時07分

(@kodakumi_official)インスタライブから

 人気歌手の“くぅちゃん”こと倖田來未(37)が16日朝、インスタライブを行い、鍛え上げたパーフェクトボディーを披露。その“美腹筋”にフォロワーから驚きの声が上がった。

 倖田は朝からカラコンを入れただけの“すっぴん”で、タンクトップになり「ピラティストレッチ」を公開。自粛期間中の1か月半、毎日こなしているという。腹筋は見事に割れ、柔軟性のあるしなやかな体は見事というほかない。

「ステイホーム中に習慣になって、やらないと朝気持ち悪いみたいな。だいぶ体がキレてきたね。食事は一切変えてないよ。食べたいからやってる。初めは私も全然できひんかった。そやねん、続けることが大切。何事もすぐあきらめたらいかんよ」

 倖田はエクササイズに励みつつ、女性が気になる部分のお肉を落とすコツや、反り腰の矯正方法を丁寧に解説。「腹筋を絞りながら息を吐くこと。呼吸が大事なんですよ、ホンマ。腹筋は『ここに卵があって、それを潰す』と意識するといい。嫌なものは飛ばしていいからね。そうせんと続かへんから」などと声をかけた。

 フォロワーからは「めっちゃわかりやすい」「DVD出して」と大好評。「体やわらか」「魅力的」「かっこいい」「腹筋割れてる」「世界で一番かわいい」など、腹筋が見事に割れた倖田のパーフェクトボディーに称賛の声がやまない。

 また、バストについては「胸が絶対、小さなってる気がする。やっぱ脂肪なんですね。今は筋肉に変えていってるから」と言及。これでもかなり小さくなったのだとか。

 夫はロックバンド「BACK―ON」のボーカル・KENJI03(35)。「けんちゃんは、ずっと筋トレ」で、これが倖田がトレーニングにハマるきっかけの一つになったようだ。

 また、体を鍛えるもう一つの理由は食欲だ。倖田は「(自粛中は)太ってお肉が落ちひんやん。そんで食べたいやん。プラマイゼロにするため、ストレッチと筋トレ始めたわけ。ほんたら、体重減ってへんねんけど、見た目がめっちゃ変わってきて。インナーマッソー? 初めは筋肉ないから(エクササイズ時の姿勢が安定せず)コロコロと転げ落ちんのよ。それが1か月半たったらな、キュッと止まれるようになるわけ」と話し、“ご褒美”のスイーツを頬張った。

 インスタライブ中には中学の同級生から電話がかかり、関西弁で気さくに話す場面も。地元名物のおはぎの話題に目を輝かせ、“女子トーク”で盛り上がった。倖田がどれだけ地元を愛し、仲間を大切にしているか。そしてどんなに愛されているか。十二分に伝わった。

 ところで、エクササイズは、効かせる筋肉を意識するため、肌を見ながら、できれば鏡の前で行うといいのだという。「家の中は、ホンマはズボン履きたないんやけどな」と言うだけに、次回が楽しみだ。

 最後に倖田は「來未子のピラティス、本日はお送りしました。私は1か月半でこうなりましたんで、皆さんも頑張ってください」とメッセージを送った。常に進化し、輝き続ける“アジアの歌姫”。コロナ明けにどんなパフォーマンスを見せてくれるのか。期待したい。