“コスプレえなこ”が日本酒になった!「海外の方にも飲んでいただけたら」

2020年06月12日 15時05分

鏡開きでポーズをとる(左)から宮本彩希、えなこ、似鳥沙也加

 コスプレイヤーのえなこ(年齢非公表)、似鳥沙也加(26)、宮本彩希(30)が12日、8月11~16日まで行われる「TOKYO SAKE FESTIVAL」(東京・新宿住友ビル三角広場)発表会に出席した。

 全国の日本酒が集まるイベントで、3密防止を徹底して開催される。この日、3人のコスプレ姿がラベルにプリントされたスパークリング清酒「泡萌酒 えなこ・似鳥・宮本」「えなこ」「似鳥」の3種類もお披露目された。

 えなこは「女性の方にも、あまり日本酒を飲んだことないよという方にもお勧めできる1本になっていますので、たくさんの人に飲んでほしいです。日本の方だけではなく、海外の方にも飲んでいただけたらと思います」とアピールした。

 えなこ自身もお酒が好きでよく飲んでいるというが、その時にはよく目を閉じているという。「(飲酒すると)眠くなくてもまぶたが落ちてきちゃう。まぶたを閉じたまま、お酒を飲んでいます」と。また似鳥は「一人でお家で飲むんですけど、(酔うと)『えへへへ』となります」と明かした。3人はイベントにも登場する予定だ。

 また歌手の細川たかし、杜このみが広報大使アンバサダーに就任。2人はイベントで歌唱するほか、細川のヒット曲をモチーフにした日本酒も発表された。