ナイナイ・岡村が結婚できないワケ 唯一交際した21歳時の恋人とゴールインせず後悔?

2020年06月13日 11時00分

まだまだダメージの残る岡村隆史

 お笑いコンビ「ナインティナイン」の岡村隆史(49)は結婚できるのか? ラジオ番組での“失言”のせいで、世間から白い目で見られた岡村に相方・矢部浩之(48)は同番組内で大説教した上で「結婚したら」と、環境を変えることを勧めた。だが、“結婚できない男”と言われ続けた岡村が、相方に言われたからといって、そう簡単に人生の伴侶を射止めることができるとも思えない。その理由とは――。

 公共の電波で“女性蔑視”ともとれる発言をした岡村に対して、芸能界からは批判はもちろん、許しを求めるものなど様々な声が上がっていた。

 岡村と不仲説があったダウンタウン・松本人志も「ワイドナショー」(フジテレビ系)で「イエローカード以上、レッドカード未満」と断罪しながらも「許したってくれへんか。そんなに悪いやつじゃないやん」とフォローした。

 そんな岡村を本気で心配しているのが矢部だった。あまりにも無神経な発言をした相方に大激怒しながらも「もう風俗ネタなんか受けへんで。これをきっかけにと言うたら、聞いてる女性に失礼かもしれないけど、結婚したら」と勧めた。

 とはいえ、そんなに簡単にできるものなのか? 当然のことだが、岡村にとって最大の問題は相手がいるか、ということ。これだけの人気者ながら、これまで女性の影はほとんど見えなかった。

「過去には熊田曜子、葉月里緒奈、はたまた巨乳女釘師などとウワサにはなりましたが、どれもウワサ止まりで真剣交際に至ってはいません」(芸能関係者)

 プライベートは謎に包まれる中、本紙は岡村の交際歴に関して衝撃情報をキャッチした。

「岡村が本気で交際していたのは、21歳の時の彼女、たった一人だけ。東京進出直前の大阪時代です」(テレビ局関係者)

 岡村が愛したその女性は車好きで、トヨタのAE86、いわゆる“ハチロク乗り”だった。ハチロクは漫画「頭文字D」(しげの秀一)で主人公・拓海が乗っていたことでも知られている。

「そのハチロクの彼女は仕事終わりの岡村さんを、いつも愛車で迎えに来ていた。岡村さんもまんざらではない様子でハチロクに乗り込み、さっそうと帰っていったそうですよ。一時は彼女が結婚を口にするほどだったというから、真剣交際なのは間違いなかった」(前同)

 ただ当時の岡村は結婚よりも仕事優先だったという。

 岡村にとってはハチロクは“ビタースイート”な青春の思い出だ。ちなみにこの彼女はヒット曲「夢見る少女じゃいられない」などで知られる歌手・相川七瀬の友達の姉だった。

「東京進出後のナイナイは比較的早く売れたので、正直、タレントやセクシー女優などからの誘惑も多く、岡村さんがだまされたと感じることも少なくなかったそうです。それで女性に対して過剰に警戒心を抱くようになったところもある。結果的にはあのハチロクの彼女と結婚しなかったことを後悔しているのかもしれません」(前同)

“女性蔑視”発言で岡村には風俗業界からも大バッシング(本紙既報)が巻き起こっていて、これまでのようにお忍びで遊べるかどうかは分からない。矢部の言うように生活を改めなければいけない時期を迎えているのは事実。女性への不信感を克服し、ハチロクの彼女を上回るほど好きになる女性が現れない限り、岡村は結婚できないのかもしれない。