JOY&わたなべ夫妻「第1子妊娠」発表で幸せ絶頂!「パートナー・オブ・ザ・イヤー2020」最有力候補だ

2020年06月11日 17時00分

理想の夫婦として支持されているJOY(上)とわたなべ

 不倫騒動で渦中の「アンジャッシュ」渡部建(47)と佐々木希(32)夫妻は、離婚の危機が心配されるほど苦しい時期を迎えている。一方、幸せ絶頂なのが、10日に第1子妊娠を公表したタレントのJOY(35)とモデルのわたなべ麻衣(30)夫妻だ。さっそくこのアツアツ夫婦には「いい夫婦 パートナー・オブ・ザ・イヤー2020」の最有力候補に!といった声が上がっている。

 この日、JOYはSNSで「妻の麻衣のお腹の中に新たなる命が誕生しました。小さな小さな宝物です。それが分かった時に僕は嬉しさで泣いてしまいました」と父親になる喜びを伝えた。

 また、わたなべも「どんどん大きくなるお腹に不思議でドキドキの毎日ですがそれ以上に私達夫婦に幸せと温かい気持ちを日々与えてくれるお陰で穏やかな毎日を過ごす事が出来ています」と近況を報告。

 今後については「体調を第一に出来る範囲でお仕事をしていきたいと思っています」としている。出産は10月ごろを予定。まだ赤ちゃんの性別はわからないという。

 テレビ関係者は「もともとJOYの熱烈アプローチに、わたなべが押し切られる形で交際が始まったそうです。2019年6月に結婚した2人は、アツアツ夫婦としてイベントに引っ張りだこ。確かにお互いの掛け合いには、夫婦漫才のような面白さがありますね」と話す。

 そこで注目されているのが、毎年11月22日の「いい夫婦の日」を記念して、理想の著名人夫婦を選ぶ「パートナー・オブ・ザイヤー2020」だ。

 昨年は高橋英樹・美恵子夫妻や東貴博・安めぐみ夫妻らが選ばれているが「JOYとわたなべはふさわしい」と指摘するのはワイドショー関係者。

「夫婦仲がいいのはもちろんですが、JOYはコメンテーターとして毒を吐いても嫌みがなく好感度が高い。一方のわたなべは“インスタの女神”として男女を問わず若者からの支持がある。つまり、若年層に結婚を促す啓発効果が期待できるんですよ」

 とはいえ、2人は昨年結婚したばかり。やや早いような気もするが…。そこで主催する「『いい夫婦の日』をすすめる会」事務局に聞いてみると「『パートナー・オブ・ザ・イヤー』は結婚何年以上でなければならないという条件はございません。理想的な夫婦であれば選考の対象になります。ここ最近はご年配の夫婦と、若手の夫婦が選ばれる傾向にありますね」とのこと。

 つまり、JOYとわたなべが栄冠に輝くことも大いにあり得るわけだ。

 折からのコロナ禍で今年のイベント開催が気になるが「現段階では従来通り行う方向」(同事務局)だという。11月に赤ちゃんを抱いた2人が壇上に上がるかもしれない!?