ドラマ再放送で“戸田恵梨香祭り”改めて評価される演技力と存在感

2020年06月09日 17時00分

戸田恵梨香

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で女優の戸田恵梨香(31)が脚光を浴びている。新作ドラマの撮影ストップとともに、各局とも過去のドラマを再放送しているが、気づけば“恵梨香祭り”になっているからだ。

 昨年から今年3月までNHKの朝の連続テレビ小説「スカーレット」に主演していた戸田。朝ドラが終わったかと思えば、新型コロナの影響で各局ともドラマ再放送がスタートした。真っ先に話題になったのがKAT-TUN亀梨和也と山下智久がダブル主演した日本テレビ系ドラマ「野ブタ。をプロデュース」(2005年)だった。

 テレビ局関係者は「若い亀梨と山下も話題になりましたが、亀梨の恋人役の戸田も注目を浴びました。当時は現役高校生で、ぽちゃぽちゃしていてかわいいとネット上でも評判でした」と話す。

 次に「鍵のかかった部屋」(フジテレビ系)。12年に放送された同作は嵐の大野智が主演し、戸田は大野を支えるヒロイン役を演じた。芸能関係者は「主役の大野が無表情な演技をする役どころなので、主役をリードする戸田の重要性が高い作品。戸田は主演ドラマの数もこなし、様々な役を演じてきたので、うまさも光った」。

 さらに5日にはTBS系で18年放送の「大恋愛~僕を忘れる君と」(TBS系)が放送され、11日からは戸田の代表作となった「SPEC~警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿~」(同系)が再放送される。1クールに同じ女優がこれほど露出するのは異例だ。

 前出のテレビ局関係者は「再放送はスポンサーなど様々な条件があるので“恵梨香祭り”は偶然もあるが、戸田が多くのドラマに出てきた証しでもある。いい人役から悪役、意地悪な役など様々な役ができる演技力の高さは、キャスティング段階で名前を挙げやすい。同性から好かれているのも大きな強み。ジャニーズタレントとの共演も多いのもそのためです」とみる。コロナ後もオファーが殺到しそうだ。