ボビー・オロゴンが妻と謎の社長交代 暴行と因果関係?

2020年06月09日 11時00分

2社の社長になっていたボビー

 タレントのボビー・オロゴン(54)が妻Aさんへの暴行容疑で逮捕↓釈放された事件の真相が見えてきた。これまで、ボビー夫妻がトラブルを抱えた背景にいまいち釈然としないものがあったが、実業家でもあるボビーが今年5月、Aさんが経営していた会社の代表に突如、就任していたことが判明。この経営権をめぐってAさんとモメて、暴行事件の一因になったという情報が浮上している。

 ボビーは5月16日、妻Aさんに対するDV疑惑事件を起こして現行犯逮捕されて以降、表舞台から姿を消した。ナレーターを務めていたテレビ東京系「YOUは何しに日本へ?」は同月18日放送分から、出演を見合わせたままだ。

 同月18日に釈放されたが、埼玉県警浦和署は任意で捜査を続けている。テレビ局関係者によれば「テレ東としては、ボビーの刑事処分が決まった後に降板させるかどうか判断するとみられる」という。

 ボビーは「妻とはもめたが、突き放しただけで、暴力は振るっていない」と容疑を否認しているが、捜査当局の関心はボビーとAさん夫妻がトラブルを抱えた本当の原因だ。

 Aさんは事件翌日の17日、報道陣の取材に対し、ボビーから長年DVを受けていたと主張。また、新型コロナウイルス禍による外出自粛で夫婦で過ごす時間が長くなり、関係が悪化した可能性があるのは本紙既報通り。

 一部では、ボビーがAさんに手紙を勝手に見られたことにキレて手をあげ、Aさんが110番通報したと指摘されている。いずれにしても根深い禍根があったようだが、取材を重ねると新たな“経営トラブル説”が浮上した。

「Aさんはコンサルティングなどを手がける会社を(2013年に)都内で設立し、社長を務めていた。でも、実業家の顔を持つボビーが『シャチョーを譲ってくれないか?』とAさんに迫ったと聞く。この経営権をめぐってモメたのではないか」(知人)

 Aさんが設立した会社の登記簿を見ると、確かに今年5月1日に代表取締役がAさんからボビーに代わっていた。同社ではコンサルティングのほか人材派遣、貿易業を手がけているという。この社長交代劇から約2週間後、例の暴行事件が起きただけに、因果関係がありそうだ。

 本紙はボビーの所属事務所担当者に、(1)Aさんの会社の代表が5月、ボビーに代わったか、(2)この経営権をめぐってボビー夫妻がモメたことが暴行事件の一因になったか――の2点を確認したが「大変申し訳ありませんが、個別対応はしておりません。調査の上、真実をお知らせする機会を検討しております」との回答だった。

 投資家でもあり、事件当時は自宅にベントレーやポルシェなど高級車を所有。莫大な資産を有するボビーは、所属する芸能事務所の社長も務めており、5月からは計2社の経営者になっていたわけだ。

 前出知人は「仮に『YOU――』を降板して芸能界で行き場をなくしても、Aさんから社長の座を継いだ会社はある。ボビーは子供のころから、貿易商の実父から相場のレクチャーを受け、故郷ナイジェリアの大学の経済学部を卒業し、経営者としての素質は十分。今後は芸能界に見切りをつけ、実業家として歩むかもしれない」と話している。