「RIZE」金子ノブアキが歓喜の朝ドラ出演報告「身に余る光栄です」

2020年06月05日 18時12分

インスタグラム(@nobuakikaneko_official)から

 ロックバンド「RIZE」のドラマーで俳優の金子ノブアキ(39)が5日、インスタグラムを更新。NHK朝ドラ出演を報告した。

 金子は「お知らせの通り、NHK連続テレビ小説『エール』に出演させて頂きます! 同時期に大河に続き朝ドラまで…! 身に余る光栄です。素晴らしい現場に携われる幸せを噛み締めています。是非ご覧下さい! よろしくお願い致します」と投稿した。

 出演は18、19日。パリ在住の若手画家・今村嗣人役を演じる。今村は世界的オペラ歌手・双浦環(柴咲コウ)の恋人。双浦はヒロインの古山音(二階堂ふみ)に大きな影響を与える。

 エールのモデルとなったのは高校野球のテーマ曲「栄冠は君に輝く」、阪神タイガースの「六甲おろし」などを手掛けた昭和の大作曲家・古関裕而、声楽家の古関金子夫妻だ。現在、作品はコロナ禍で撮影が中断しており、27日の放送分でストックが尽きる。以後は1話からの再放送となる。

 金子は大河ドラマ「麒麟がくる」で佐久間信盛役を演じており、朝と夜のダブル出演となった。ちなみに2011年には、井上真央主演の朝ドラ「おひさま」に出演している。

 前日は2012年に亡くなった父・ジョニー吉長(享年63)の命日。そして、この日は自らの誕生日とあって、フォロワーからは「朝ドラと誕生日おめでとうございます」「あっくん同時期の大河&朝ドラ出演なんて偉業ですね」など、多くの祝福が寄せられた。