村西監督が小池都知事に激言「零細事業者に『私のために死んで欲しい』とやってみればいい」

2020年06月04日 17時34分

村西とおる監督

 村西とおる監督(71)が4日、ツイッターで「東京アラート」を発動した小池百合子都知事(67)の方針に異論を唱えた。

 東京都では4日、新型コロナウイルスの感染者が新たに28人確認され、一日当たりの感染者が4日連続で2桁となったが、村西監督は「『俺のために死んでくれ』というヤクザの世界でも『わかりました』の子分はいない。3人もいれば天下をとれるという。小池痴事も再び自粛要請をして零細事業者に『私のために死んで欲しい』とやってみればいい」(原文ママ)と提案する。

 さらに「今や財布どころか頭カラッポが明らかなお前さんに殉じるお人好しがこの東京に何人いるのか」と新たに自粛要請すべきでないと持論を述べた。