渡辺麻友が健康上の理由で芸能界引退「憶測でのSNS投稿控えて」と呼びかけ

2020年06月01日 12時40分

渡辺麻友

“まゆゆ”の愛称で知られる元AKB48で、女優の渡辺麻友(26)が芸能界から引退することが1日、分かった。所属の「プロダクション尾木」が明らかにした。

 公式サイトでは「さてこの度、渡辺麻友より『健康上の理由で芸能活動を続けていくことが難しい』という申し入れがございました」と発表。「数年に渡り体調が優れず、これまで協議を重ねて参りましたが、健康上の理由でしたので身体の事を最優先に考え、本人の意思を尊重し2020年5月31日をもちましてプロダクション尾木との契約を終了し芸能活動にも終止符を打たせていただくこととなりました」と経緯を説明した。

 事務所は「突然の発表となり長年に渡り応援してくださった皆さまには大変申し訳ございませんが、これまでのご支援には深く感謝申し上げます。ありがとうございました」と突然の発表を謝罪。また「今後の渡辺麻友についてですが芸能活動を終え、心身の回復を図り普通の生活に戻れるよう健康面を最優先させていただきたいので、本人への取材や憶測でのSNS投稿、記事掲載などお控え頂けますよう伏してお願い申し上げます」と呼びかけた。

 渡辺はAKB時代は最後まで“ノースキャンダル”を貫き「王道アイドル」のまま2017年12月に同グループを卒業。その後はミュージカル、舞台など女優として活動してきた。